セールスが嫌になって転職したこと

セールスとしての転職の場合、経験があることから、チームマネジメント能力を求められることがあります。

セールスが嫌になって転職したこと

セールスとして転職ならチームマネジメント能力

1箇月の営業日と言いますと、週休二日制の会社であれば大体20日ほどと言うことになります。もし、自分自身の販売能力において、1日に10万円と言うことになれば20日では200万円と言うことになります。一人で考えることもあるのですが、会社と言う場合、組織で考えることが多いです。グループといったり、チームと言ったりします。そのチームの中心となる人がいて、それに属する人がいることになります。それぞれで能力は異なります。

ある人は1日5万円と言うこともあれば、ある人は20万円と言う人もいます。それぞれ能力が異なることになります。このとき、自分のことばかり考えれば、自分自身は予定通りの数字を残すことが出来るでしょう。でも周りには残せない人もいます。特に5万円などレベルの低い人はより残せないと言うことがあります。そうするとどうなるかです。自分自身は数字が達成できても、チームとしては数字が達成できていないと言うことになるかもしれません。

セールスの仕事をする上で転職をすることがあります。そのときは、経験を買われて、チームマネジメント能力が求められることがあります。このときは、自分の達成額よりも、チームの達成額がもっとも多くなるように行動をするということになります。レベルの低い人に対してサポートをすることで、より高い数字を残せるようにします。また、高い数字を残している人と仕事の配分を変えるということもあります。モチベーションがあげられるようにするのです。
おすすめ記事