セールスが嫌になって転職したこと

セールスにおける転職で、売り上げが伸び悩んでいるところにおいては、イノベーション力が求められます。

セールスが嫌になって転職したこと

転職でセールス業においてはイノベーション力が求められる

会社において多いほうが良いものがあります。売上であったり、利益、さらに現金と言うことがあります。それらを増やす努力を日々行っていると言うことになります。起業したてと言うのはなかなか利益は出ません。でも少しずつ利益が出始め、さらにはどんどん売上と利益が伸びていくことがあります。このときには何をしても上手くいっているときになります。そのまま順調に行くかと思っていたら、常にそうなるとは限りません。いつかは止ることがあります。

止る前に、前年比の上昇率が鈍化していくと言うことがあります。そしてとうとう前年比の数字と同じだけになるということです。市場において、ある程度占有したり、飽和状態になってくると、それ以降なかなか売上をアップさせることが難しくなることがあります。このときにおいては、今までとは違った考えが必要になると言うことがあります。同じ組織の人よりも、他の組織の人をいれて、市場を開拓することが考えられるということです。

転職すると言うとき、セールスにおいて求められる能力に、イノベーション力があります。何か新しいものに立ち向かうと言う能力です。市場を開拓したり、新事業を行う、新商品の売込みなどがあります。同じ組織の人の場合、どうしてもそれまでの成功した方法に固執してしまうことがあります。なかなか、それ以上のことが出来ないのです。そこで、新しいことをする人が求められることになります。前職で行ってきたことから、進めていきます。
おすすめ記事