セールスが嫌になって転職したこと

業界が違っても、セールスの職というのは、売る物が違うだけで基本的に仕事は同じ。さぁ、自信もって転職しましょう。

セールスが嫌になって転職したこと

セールス職の転職は安泰!

会社の中で、セールスの仕事はとても重要です。なぜならば、セールスマンがいないと、ものが売れないわけですから、このひとたちが、ほかの社員の人の分のお給料となる、御仕事をとってこないと、会社の事業は成り立たないわけです。よって、セールスの御仕事は会社内の花形の御仕事なわけです。そんなセールスマン、セールスウーマン達も、ある日ふと、もっとキャリアアップをしたい、とかもっと正当に自分を評価してもらいたい、とふと転職の二文字が頭の中をよぎる事があるようです。セールスで外にでているせいか、あちこちのセールスのかたの話をきいたりしていると、色々考えることもあるようです。しかし、ちょっと長く1社に勤務していると、「他社でやっていけるのだろうか?」というジレンマも生まれてくると思います。

基本的に、セールスの御仕事というのは、たとえ業界が違って、売り物が変わろうとも、本質的には、仕事の内容は変わらない、と以前に私の上司がいっていました。自社製品をよく学び、愛し、それをお客様の所にいって売り込み、お客様の都合の良いように、手配するのがセールスの仕事です。勿論製品がしっかり魅力的であることも大事ですが、セールスマンやセールスウーマン自体が魅力的な人柄である事は更に大切です。「転職して、他社でセールスとしてやっていけるのだろうか?」とご心配になる気持ちはわかりますが、そんなことは全然ご心配なく!案ずるより有無が易しで、きっと上手くいきますよ。そしてもし貴方が同じ質問を転職エージェントにしたら、きっと今と同じこたえが返ってきますよ。さあ、怖がらずに転職にチャレンジ!
おすすめ記事